神鍋高原ペンションムーンサイド

0796-45-0723

  • お問い合わせ

お知らせ

ロードバイクで実家まで走ってきました

昨日の話ですが、神鍋から実家がある高砂までロードバイクで走ってきました。

朝10時前にゆっくり走りだしました。どれだけ時間が掛かるか分からなかったけど、「夕方までに着けばいいわ」と思ってたので、出来るだけ国道は避けて車の少ない道を選びます。
神鍋から東に下って行き、県道268で八鹿へ抜け、少し国道9号線を走ります。またすぐに円山川沿いの県道、いや市道かな。養父神社下の線路沿いの道を走り和田山へ。和田山からは県道104を南下します、人気の竹田の城下町も通り抜けJR青倉駅でトイレ休憩。その後生野の町まで走り続け、「Panca」さんで数個のパンを買ってお昼とします。申し訳ないけど店先で食べさせていただきました。
国道312は通らずに、県道39にそれて南下。この道は気持ちいい道でした。市川の流れとJR播但線が並行している道。川の水は透き通ってるし、山間の道で空気も美味しいし、また通りたい道です。長谷を越えると県道404に変わります。昔中学生のころ友人と、この近くにあった「播磨コーエーランド」という釣り場によく通ったことを思い出します。今はなくなってしまっていますね。
寺前を越えて福崎まで。途中に新野という町があり、ここは水車で水路よりも高い田に水をくみ上げてたことで知られてるようです。徐々に減ってしまった水車を再現してて、のどかな風景が広がっていました。この日は風が強くて何度かあおらました。

さて、実家に帰るには福崎から東に向かいたいところですが、姫路の友人を訪ねたかったのでそのまま姫路まで南下。
一人目の友人「黒田君」宅で思わぬ長居をしてしまいました。久しぶりに合ってたので色々と近況報告ですね。
次の友人はこの自転車を買った飾磨の「和田サイクル」の「和田君」。忙しそうだったし時間も押してたのですぐに出発。
やっと東に向いて高砂まで。実家のある街に着くころには夕日が沈みかけていました。
この後訪ねた三人目の友人「中野君」は同じロードバイクユーザーで、私がこの自転車を買うきっかけになった友人です。いつかお互いの家を自転車で往復しようと約束をしていますが、なかなか叶いませんで。休みのパターンも全く違うし。でもいつかきっと。

そしてやっと家に着くころには、辺りは真っ暗になっていました。走行距離130キロ。走行時間は5時間10分ほど、停止時間は2時間40分ほど。約8時間の旅でした。

とりとめのない文章ですが、最後に感想。130キロは思ってたほど辛くなかったですね。追い風が多かったおかげでもあります。それよりも70~80キロを走った辺りからお尻が痛くなってきた。膝も少々痛みました。お尻の痛みは、ポジションが決まってないのか、またはサドルのせいなのか分かりませんが、色々と試してみたいですね。膝の痛みは筋トレですかね。いずれにしても楽しい気持ちの方が強くて、次回はまた違う道を走って帰ってみたいですね。

いや~自転車って楽しい。

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿

バックナンバー

宿泊予約

宿泊のご予約は下記の電話番号かフォームよりお申込み下さい

宿泊予約フォーム

予約スケジュール